AHKAH mariage

SCROLL

AHKAH DIAMOND

ダイアモンドの4Cについて

AHKAHでは、米国宝石学会認定の資格を持つ経験豊富なAHKAH専任の鑑定士(G.I.A GG)が、
4C(CARAT,COLOR,CLARITY,CUT)をもとに厳選したクオリティの高いダイアモンドをご用意しています。

CARAT

Carat 数 0.2ct 0.25ct 0.3ct 0.4ct 0.5ct 0.6ct 0.7ct
直径 (約) 3.8mm 4.1mm 4.3mm 4.8mm 5.15mm 5.55mm 5.8mm

"カラット=ct"はダイアモンドを含む宝石の重さを表す単位です。

1ctは0.2gに相当し、カラットが大きくなるにつれ、希少価値が高くなります。

COLOR

D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
無色 ほぼ無色 比較的無色 わずかな黄色 淡い黄色 黄色

カラーグレードはダイアモンドの"D"から始まり、Zまで23段階の等級に分けられます。

無色であるほうが光の透過性がよいため、ColorlessであるDカラーがもっとも希少性が
あり、無色透明であるほど価値が高まります。 ※AHKAHのエンゲージメントリングではColorlessであるD〜Fを中心にHカラーからお取り扱いしております。

CUT

EXCELLENT VERYGOOD GOOD FAIR POOR
希少石 極上石 上級石 中級石 下級石

ダイアモンドの評価基準の中で唯一、人の技術が評価されるグレーディングであるカットは、プロポーション(比率)、ポリッシュ(研磨状態)、シンメトリー(対称性)の要素をそれぞれ EXCELLENT〜POOR の5段階で表します。

3つの要素が全てエクセレントの場合にトリプルエクセレント(3EX)と呼ばれ、
研磨職人の技術の高さによって生みだされる最高の輝きとなります。 ※AHKAHのエンゲージメントリングでは、3EXを中心にGOODカットからお取り扱いしております。

CLARITY

FL-IF VVS1-VVS2 VS1-VS2 SI1-SI2 I1-I2-I3
微小な表面の
欠点(F1)
発見困難な
微小な欠点
発見が多少
困難な欠点
肉眼では困難だが
発見が容易な欠点
肉眼で容易に
発見できる欠点

クラリティグレードはそのダイアモンドの透明度を表し、内包物の有無を10倍のルーペで検査してグレーディングされます。

内包物が少なく透明度が高いほど希少性と価値が高まります。 ※AHKAHのエンゲージメントリングでは非常に希少性の高いフローレス(FL)、インターナリフローレス(IF)を
はじめごくわずかな内包物のVSクラスからダイアモンドをお取り扱いしおります。

ENGAGEMENT RING

婚約指輪はこちら

MARRIAGE RING

結婚指輪はこちら